どこにいても見上げる空はあなたの所へつながってる。今日も元気でいます。きっとあなたも・・・


by miya-mijyu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

動物病院で・・・・

てとは4月より低血糖でステロイドを飲んでいます。処方は水薬で2週間しか保存が出来ないのです。当たり前のことですが、二週間に一度病院へお薬をもらいに行くのです。そこで出会う患者(?)さんは、なんといってもワンコが一番多いです。その次がニャンコです。

先日もてとを連れて病院へいったのです。待合室で待っているとき、診察室2(その病院は診察室が3つあるのです)から、ボーダー・コリーと思われる子犬を抱いて若い女性が出てきて病院の外へ。そして、女性だけ戻ってきてまた診察室2に入りました。すると今度はラブラドールの子犬を2匹抱えて出てきてまた外へ行きました。そしてまた戻ってきて今度もラブの子犬を2匹。さすがの私も 

   
どんだけぇぇぇ~Σ(゜д゜lll) 


と心の中で叫んでいました。 でも、その後があるのです。なんとその部屋から別の女性がもう一匹犬種不明(私が知らないだけですが)を抱いて出てきたのです。 そーいえば、駐車場にバリケンをいっぱい積んだリアウインドにドッグとかいたバンが停まっていましたわ。ショップの子達だったのですね。納得ヾ(▽^;)ゞ

d0079602_2216830.jpg


月曜日の午前中なので、結構患者(?)さんは多かったです。出会った患者は、フェレット1、うさぎ1、小鳥さん1、後は犬多数でした。私のいる間にニャンコに出会いませんでした。 てと の血液検査をしてもらいましたが、やはりお薬とは縁が切れないようです( ̄∧ ̄) 
[PR]
by miya-mijyu | 2007-10-24 22:19 | ペット

合唱団の夕べ

昨日の夜、地元のホールの合唱団と新日本フィルのメンバーとのジョイントコンサートに行ってきました(^^♪ 新日本フィルはオーケストラではなくてメンバーによる木管と弦のアンサンブルです。オープニングは ダンツィ作曲 木管五重奏曲変ロ長調作品56-1 です。 木管の暖かい音色にうっとりです。

そして女性合唱団の 《六つの子守歌》~風の子守歌 (六つの子守唄)~思い出の子守唄 伴奏は木管 そして次の「千の風になって」は弦楽の伴奏 この女性合唱団のメンバーにmi-yaのお友達がいるのです。ソプラノとアルト、本当に歌うことが大好きで、とっても上手です (*゚▽゚ノノ゙♪ブラーヴェ!!    

それから少年少女の合唱団が「コンドルは飛んでいく」と「チキ・チキ・バン・バン」を伴奏はもちろん新日のメンバーによる伴奏です。本当に幸せな(少年少女ですね o ̄▽)o<♪ 
そして前半の最後は男性も加わっての混声合唱団と少年少女、室内アンサンブル全員で ジョン・ラター作曲 マニフィカト・アニマ・メア でした。このマニフィカトは初めて聞きましたが、「マニフィカト」のイメージは宗教音楽の感じかなと思っていましたが、明るくテンポのよい曲でした。

そして後半は新日本フィルハーモニー交響楽団室内アンサンブルによる

ロッシーニ作曲 弦楽ソナタ第3番ハ長調 
ニノ・ロータ作曲 太陽がいっぱい ゴッドファーザー愛のテーマ
         九重奏曲より 第一楽章 第二楽章 第三楽章 

私はロッシーニの弦楽ソナタが印象に残りました。 弦楽四重奏ならヴァイオリン2とヴィオラ、チェロですよね。この弦楽ソナタはヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスという編成でした。そして出だしが「ををぉ~、ロッシーニ」っていう感じでした♪♪ ロッシーニというとオペラしか知らなかったですが、mi-yaお気に入りの曲に♪♪ 基本的に私は弦楽がすきなのです(^^: 久しぶりに生の音楽に触れて
 
コンサート行きたい症候群 が再発の兆し(笑)
       

                      のだめのマングース→
d0079602_2144863.gif
[PR]
by miya-mijyu | 2007-10-21 21:50 | 音楽

CT検査

先日(11日)前回4月の検査より6ヶ月ぶりのCT検査をしました。予約は11時CT,13時外来でした。私は10時半ごろ病院に到着、まず採血を済ませて、放射線科に直行です。予約時間より若干早く行ったのですが、すぐに呼ばれて今回は胸部から腹部のCT検査でした。造影剤の注射もすぐに出来てよかったです♪ 

現在2ヶ月に一度の検診ですが、いつも一緒に検診のrikaちゃんとYさんと3人でプチオフをしています。RikaちゃんとはCT検査の時間も外来の時間もまるで同じ時間に予約が入っています。CT検査のないYさんと11時半に放射線科で待ち合わせをして、3人でランチをしました。今回は13時に外来だから、遠くへいけないので近くのインドレストランのランチバイキングに行きました。 

外来は私が一番に時間通りに呼ばれ、血液検査もCT検査も「異常なし」をもらいましたヾ(〃^∇^)ノわぁい♪  後に続くrikaちゃんYさんもみんな「異常なし」で次回も同じ日、同じ時間の予約です。次回のランチはどこに行こうかな???  次回はみじんこさんも合流できたらいいな ヾ(▽^;)ゞ

※ 今週より、諸事情により、プチ職場復帰をしました。(午後2時より午後7時まで)
今までの、ぐうたらな生活から時間に追われる生活です(笑)

オマケ
d0079602_22275060.jpg

[PR]
by miya-mijyu | 2007-10-18 22:28 | 病気のこと(mi-yaの場合)

体育の日

体育の日といえば、10月10日思っていた期間が長いmi-yaであります。最近は連休にするためでしょうか、祝日が移動するようになりました。1964年の東京オリンピックを記念して開会式のあった10月10日を「体育の日」に決められたそうです。

この10月10日という日は統計的にお天気の日が多いそうです。今日も昨日までのお天気とうって変わって、秋晴れのいいお天気でした。雲ひとつない綺麗な青空でした。あまりに気持ちがいいので、カメラを片手に散歩をしました。

d0079602_23354361.jpg

d0079602_23374729.jpg

d0079602_23384328.jpg

[PR]
by miya-mijyu | 2007-10-10 23:44 | 日々の戯言

入院が決まるの巻

庭のキンモクセイが咲いて一歩外にでると、キンモクセイのいい香りが漂っています。2年前の今頃もきっと同じように香っていたのでしょうが、記憶にありません。

d0079602_16301583.jpg


県北では昔からあるA産婦人科病院で、右の卵巣が大きくなっているのがわかりました。そこで卵巣の場合は手術をしてみないと確定診断が出来ないと説明をうけました。そして悪性だった場合には単科病院では対応が出来ないので、総合病院へ行くように進められて紹介状と諸々の検査資料を持って、大学病院へ行きました。

紹介状は教授宛でした。10月3日に大学病院へ行きましたが教授不在で代診でした。もう一度教授の診察を受けるようにといわれて10月6日に再度大学病院を訪れました。その時はお腹の痛みもとれていました。そして「卵管と卵巣の炎症が治まった時に手術ですね」といとも簡単に言われて助手の先生が一番早い手術の手配をしてくださいました。そして、その日には10月28日入院で11月2日手術と一人で決めて帰りました。

手術となると、色々と仕事のことや家のことを思いあぐねていました。手術の場合良性なら1ヶ月ほどで、悪性なら5ヶ月から6ヶ月とA病院の先生から聞いていたので、最悪のことを考えて仕事の引継ぎをしようとしましたが、治って帰ってくるのだからとそれまで待ってるとまわりは、引き継ぐ意思なしでした(;Д;) 最初の婦人科の門をたたいたのが9月17日それから大学病院へ紹介されて10月28日には入院というスケジュールが決まりました。

   このように2年前の9月10月はあわただしく過ぎていきました。

※ A病院でも2回目の先生の説明の時に「一人で来たの?」って尋ねられました。
  その後は、主人と一緒に行きました(^^)

  大学病院でも、「一人で来たの?」と尋ねられました(><)
  で、「ハイ」と答えるmi-yaでした。
  
  「一人で来たの?」は怪しい文言Σ(´ロ`;
[PR]
by miya-mijyu | 2007-10-08 16:44 | 病気のこと(mi-yaの場合)

ピンボケ特集

我が家の可愛い子達のキラキラした様子を写真に撮りたくて・・・・・

撮った写真がこれです┐(´д`)┌

d0079602_1417293.jpg
d0079602_14185992.jpg
d0079602_14203220.jpgえーっと、こんな写真は山のようにあります(;Д;) 

まあ、デジカメだから下手な鉄砲をたくさん撃ってます(笑)
[PR]
by miya-mijyu | 2007-10-04 14:32 | ペット

自覚症状の巻

暑さ寒さも彼岸までって云いますが、ここ2,3日でめっきり秋の気配が色濃くなりました。
今日から10月ですね。昼夜兼行で稼動したフェレ部屋のエアコンもしばし休憩です。

カテゴリに「病気のこと」を追加しました。皆さんのブログをめぐり読ませてもらっていますが、皆さんとても上手に文章を書いていらっしゃいます。mi-yaはボキャブラリーが貧困ですので言葉足らずのところや、思い違いの情報かもしれませんが、お許しくださいね。また、その都度ご指摘くださいね。   

2年前の私は、春ごろより体の異変を感じていました。日常生活を脅かすほどでもなく、更年期のせいと思っていました。というか、そのように思うようにしていたのです。
そして、体調不良は婦人科と思っていたので、なかなか病院へいく決断が出来ませんでした。やはり婦人科の敷居は高くて行くのがいやで、人様には「早く病院へ行ってね」って言うのに、自分の時はダメでした(笑) 

異変は何かというと、私の場合は「水のようなおりもの」でした。最初は「?」って感じでしたが、おりものシートで対応、そのうちにそれでは間に合わなくなって、生理用ナプキン、それさえも換えるときにはどっしりと重いくらいでした。そんな8月のある朝目覚めると、お布団におもらしのように地図が・・・・・・・ 
それでも意思の固いmi-yaは病院へいきませんでした<よい子はマネしないでね  この「おもらし」は2~3回あったと思います。 

「早く病院へ行かないと」と思う気持ちと、「行きたくない」気持ちがあって仕事に託け行かないほうを優先していました。9月になるとお腹が痛くなって歩くとお腹に響いてパンツ(下着にあらず)のホックを閉めないで上着でお腹を隠していました。痛みが出るとさすがの私も意を決して病院へ行きました。2年前の9月17日です。

病院では、問診と内診、経膣エコー検査、血液検査をしましたが、そのときの内診の痛かったこと・・・ もう、ひぃ~と油汗が出るほど痛かったです(><;  そして、エコーで診た私のお腹の中は右卵管から卵巣に炎症があるようなので、抗生剤をもらって帰りました。 

                      手術まであと45日>「その時歴史が動いた」風??

※ この時の「おりもの」の正体を今まで聞いていないことに気がつきました( ̄▽ ̄;) 
 勝手に、腹水がおりていたのかな、なんて思っていましたが、今度ドクターに聞いて見ます
d0079602_1125333.jpg

白い彼岸花
[PR]
by miya-mijyu | 2007-10-01 11:27 | 病気のこと(mi-yaの場合)