どこにいても見上げる空はあなたの所へつながってる。今日も元気でいます。きっとあなたも・・・


by miya-mijyu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:音楽( 24 )

戦場のピアニスト

昨夜(23日) BSで「戦場のピアニスト」がありました。
この映画でショパンのピアノ曲が有名になりましたが、内容は全然知らなかったのです。

内容は「シンドラーのリスト」を彷彿させるものでした。
いまさらながら、ナチスドイツのユダヤ人迫害の狂気(残酷さ)に心がつぶされる思いでした。
シンドラーのリストのテーマ曲もヴァイオリンが切なく歌いましたね。

この「戦場のピアニスト」は、ショパンのピアノ曲のイメージでしたが、ベートーヴェンのソナタ月光も流れました。また、ドイツの将校の前で弾いた 「バラード第1番ト短調 」 エンディングに流れた 「アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ」 

「戦場のピアニスト」といったら、哀しげな響きを奏でる

           ノクターン第20番嬰ハ短調 「遺作」  
[PR]
by miya-mijyu | 2011-02-24 17:00 | 音楽

ラストシーン

数少ない私の映画鑑賞のなかでラストシーンがとても印象的で
もう一度観てみたいと思っていた映画が昨日NHK BS でしていました。
お昼の時間ですから、もちろん録画してみました。

d0079602_17233969.jpg


二組の母娘の生き方を描いた 「悲しみは空の彼方へ」 です。

最後は涙なしでは見れませんが、魂をゆさぶる歌が

マヘリア・ジャクソンの 「Trouble of the world」 
[PR]
by miya-mijyu | 2011-02-19 18:00 | 音楽

妖精の詩

昔懐かしい、CDを複数枚借りました。サザン、オフコース、etc

その中の1枚に、私の琴線に触れる1曲がありました。
けだるくアンニュイな旋律で、哀愁にみちた曲です
それは、荒木一郎の

          妖精の詩
[PR]
by miya-mijyu | 2011-02-10 07:55 | 音楽

マダム・バタフライ♪

先週の日曜日(30日)のことです。

日本で一番メジャーなオペラだと思う、 「蝶々夫人」 を見ました。
場所は岡山ルネスホールです。
このホールには、初めて行きました。小さなホールで、舞台の真下には人が演技する、スペースを少し置いて椅子より低い、サブトンを置いた背もたれのない椅子(?)が3列あり、それから背もたれのある椅子が並べてありました。

オペラが始まる前の会場の方の挨拶では、その背もたれの無い低い椅子のところは、 「砂被り席」とおっしゃってました(笑) いいえて妙ですね。 私はその「砂被り席」ではなくて椅子の一番前の中央に座りました。それでもシンフォニーホールだと、私の座ったところは、完全にオーケストラピットのなかです。そのくらい近いところで繰り広げられる、オペラ「蝶々夫人」を鑑賞する事ができました。 もう、最高です!!

そうそう、演奏は、ここではピアノとヴァイオリン、チェロとパーカッションの4人のアンサンブルでしたが、オーケストラと何の遜色の無い演奏をされました。

このオペラでの、私のお気に入りの声の持ち主は スズキ でした。最初の一声をきいて私はうっとりです。
もちろんタイトルロールの蝶々夫人が、すごいのは当たり前ですが・・・・

また、このようなオペラがあるのなら、是非是非足を運びたいホールです(^^)♪

おまけ; まだまだ頑張る はく です
d0079602_14461165.jpg

[PR]
by miya-mijyu | 2010-06-06 14:55 | 音楽
4月18日(日)のことです(滝汗)

劇団四季の鳥取公演に行ってきました。四季ミュージカルは以前の「エビータ」以来2度目です(^^) 前回は大雑把に予習をしていきましたが、今回はぶっつけ本番(?)です。 

まず、オープニングは会場いっぱいの光の祭典で、ヴィヴァルディの四季でした。1幕でわかった曲はチム・チム・チェリーとドレミの歌くらいでした。 が、まさに、ソング&ダンス 歌と踊りを十二分に楽しめました(^^)v

そんなこんなで舞台にひきつけられていたら、私好みの声に遭遇!! 
最初はパンフレットを買う気は無かったのですが、その声の持ち主を知りたくてパンフを買いました003.gif


その声の持ち主は

      村 俊英   さんでした016.gif

村さんはバリトンでしょうか、渋くて深みのあるお声です。もちろん、福井晶一さんの伸びのある声、李 涛さんの甘い声も良かったです♪♪

この55ステップスは、劇団四季創立55周年の公演みたいです。
ミュージカルの名曲と名場面がちりばめられた、まるでガラコンサートでした。2幕では ヴァリエーションズ (ソング&ダンスより)は、 パガニーニのカプリース24番だったのでチョットうれしかったです。

薀蓄のおまけです(^^;
第24番の主題は特に有名で、これをもとにブラームスは変奏曲を、
ラフマニノフは狂詩曲を作り、リストは曲全体をピアノ用に編曲しました。


本当にミュージカル音痴の私でも、歌と踊りがてんこ盛りの このソング&ダンスは最高に楽しめました038.gif

d0079602_15112196.jpg


                                   友情出演  ふくちゃん
[PR]
by miya-mijyu | 2010-04-28 13:56 | 音楽
また、ながらく放置してました(滝汗)

1がつも半分過ぎちゃいましたね。

お正月に映画を見に行きました。その のだめ映画で千秋先輩が弾き振りをした

バッハ ピアノ協奏曲第1番


ワタクシ、バッハにピアノ協奏曲があったことにビックリ006.gif
元々は、ハープシコード(チェンバロ)のための協奏曲だったそうですが・・・・・・
もう、劇場で鳥肌ものでしたよ049.gif

そく、劇場のあるショッピングセンターでCDを探しましたが、そこはクラシックのCDは残念なショップであったようです(笑) 帰宅して密林に注文しましたが・・・・・    今もBGMはバッハです♪♪

私の買ったのはマレイ・ペライア(ピアノ&指揮)のものです。千秋君と同じ弾き振り024.gif
他に、チャイコフスキーの大序曲<1812年>作品49 も買っちゃいました!!

新年早々に、 素敵な曲に出会えて幸せです。


ばら色のお母ちゃんのノリで、こんな服を着せられたふくちゃんでしゅよ
d0079602_925043.jpg


d0079602_934130.jpg

[PR]
by miya-mijyu | 2010-01-14 17:38 | 音楽

コンサート♪

久しぶりの更新ですヾ(▽^;)ゞ 私は元気です<え?ダレも心配してないって・・・・

2週間前の日曜日(1月27日)にコンサートに行って来ました♪♪2週間も前のことなので記憶をたどりながら・・・・・

NHK交響楽団定期演奏会 第11回公演 が岡山シンフォニーホールでありました。

へルベルト・プロムシュテット指揮

マーラー 「さすらう若人の歌」  バリトン クリスティアン・ゲルハーヘル

シューベルト 交響曲 第8番 ハ長調 D.944 「グレイト」

私はマーラーは交響曲1番の「巨人」しか、聴いたことないのです。それで勝手にマーラーの曲は楽器が大編成と思っていました。 が、少人数の編成でした。 はじめて聴いた「さすらう若人の歌」は出だしから、静かな音が心地よくなんともいえない音の波長を感じることが出来ました。
そしてこの「さすらう若人の歌」の中に1番の「巨人」のフレーズがいっぱいありました♪ それからゲルハーヘル氏の声は とっても甘い声でした<どういう声だ?

シューベルトの「グレイト」はおなじみの曲ですね(^^)
私、この「グレイト」を聴きながら、3、4年ほど前(?)定かではないのですが、私のミーハー的に大好きな指揮者 リッカルド・ムーティの公演が岡山であったなと思い出していました。その時の曲目もシューベルトで「未完成」とこの「グレイト」であったように記憶しています。でも、でも、その時のコンサートには、行けなかったのです。思い出すたびに悔しいです。無理しても行けばよかったな。。。。。

話をN響にもどして、このときの楽器の配置は指揮者の両側にヴァイオリンがいました。そしてコントラバスも私たちの客席からみて左側でした。楽器の配置の決まりはあるのかどうか知りませんが、なんとなくいつもと違うって思いました(^^♪ 楽器の配置は「あれ?」と思いましたが、演奏は素敵でしたよ♪♪ 指揮者のプロムシュテット氏も演奏が終わってコンマスと握手するのは当たり前だけど、私は前の席で誰と握手されたかは見えませんでしたが舞台奥に行ってコンマス以外の奏者とも握手されていたのが印象的でした。

このコンサートは、長男夫婦がを私の誕生日プレゼントとしてチケットを2枚くれました。ちなみに私の誕生日は12月です。久々に主人と二人でコンサートに行く機会に恵まれました。私の気がかりは主人が居眠りをするんじゃないか、その上いびきをかいたらどうしよう・・・でしたが、私のとり越し苦労でした(^^;
よかった!ホッ! 

チケットをくれた長男夫婦、コンサートに付き合ってくれた主人 ありがとう!

d0079602_23474859.jpg

[PR]
by miya-mijyu | 2008-02-10 23:51 | 音楽

のだめ三昧のお正月♪♪

テレビ番組も今日で正月特番はおしまいでしょうか・・・・
今年のお正月は 「のだめ♪」 一色のお正月でした(^^♪ 2日3日は今までの全部の放送があって見逃していた(放送自体知らなかったので)部分も見ることが出来てラッキーチャチャチャでした♪ 

二夜連続ドラマスペシャル「のだめカンタービレ in ヨーロッパ」 これも、お腹の皮がよじれるくらい面白かったですねぇ。 そして今回はウエンツ扮するフランクとベッキー扮するターニャがいい仕事してます(^^)


中でも見所は千秋君の指揮者コンクールの間違い探しのところ。マンガではドボルザークの8番になっていましたが、テレビでは9番の新世界より(チョー有名曲ですね)になっていましたね・・・・・千秋君かっこよすぎです(♡o♡) あたり前ですがわたしその間違いぜんぜんわかりませ~ん<こんなのわかったら私だって指揮者になれますよね(笑) 

d0079602_2382624.jpg

この「のだめ♪」面白いし、暖かいし、感動もあって、その上音楽てんこ盛り♪♪♪ 峰君が「楽しい音楽の時間」って言っているけどまさにその通りです♪
 
いやぁ~、音楽っていいですね♪♪  

d0079602_23132072.gif
[PR]
by miya-mijyu | 2008-01-06 23:21 | 音楽

ひと足お先にMerry X’mas

本日わたしは、今年最後のコンサート年末恒例の「第九演奏会」に行ってきました♪わたしのお友達が合唱団にいるのです。チケットも彼女が手配してくれました。ありがとう。
そして今、小澤征爾の「第九」を聞きながら書いています(^^)
この「第九」の正式名称は 
<交響曲第9番ニ短調「合唱付」作品125「シラーの詩『歓喜頌歌』」による終末合唱付交響曲> 
だそうです。こんなに長い曲名は薀蓄の域ですねヾ(▽^;) 本日の第九はソリストがいませんでした。ぜんぶ合唱団の声で「第九」を仕立てるという試みだそうです。本当に市民レベルでオーケストラと合唱団が一丸となってひとつの音楽を仕上げる素晴しい企画だと思いましたし、事実、本当にほのぼのとしたコンサートでした。演奏が終わって指揮者の方が汗びっしょりで客席の方に向いた時に、涙されているように見えました。本当に熱く振っていらっしゃいましたから・・・・ その涙に私も感激しました(*゚▽゚ノノ゙♪ブラボー!! 
そして「のだめカンタービレ♪」の最終回の千秋君の姿とダブったmi-yaでした(^^♪

そして家に帰ると、昨日より帰省していた次女がケーキを作ってくれていました。
d0079602_20371913.jpg

このスノーマンはマシュマロでとんがり帽子はアポロチョコです。スポンジケーキもふわふわで上手に焼けていました(^^)<親ばかですみません^^;

わたしが帰ったときには、もう次女は帰っていましたが、こんな置手紙をのこして・・・・
d0079602_20425753.jpg


貴女にも幸多かれと祈っていますよ、母は・・・・・・
d0079602_2143383.gif
[PR]
by miya-mijyu | 2007-12-23 20:54 | 音楽

バレエ くるみ割り人形

ランチの後、みじんこさんとkiyomiちゃんとお別れをして、私とりんたろうちゃんは、キエフ・バレエの「くるみ割り人形」を観に岡山シンフォニーホールへ♪
これはチャイコフスキーの「白鳥の湖」と同じくらい有名なバレエですね。音楽は「花のワルツ」「行進曲」「金平糖の精の踊り」あたりは聴いていましたが、内容は皆目知らなかったので、鑑賞前のスタディをしていきました(笑)

座席につくとオーケストラピットにはいれない楽器が、私たちと同じフロアーの部分にセットしてありました。右側には打楽器が、左側にはハープとチェレスタです。
私たちはいちばん左側でしたが、前のほうだったのでこのハープの優雅に演奏をする様子やチェレスタ演奏を目の当たりに見ることが出来てラッキーでした(^^)v 

チェレスタは一見小さなアップライト型ピアノ(又はよく小学校の教室で見られるリードオルガン)のような外見ですが、実はピアノのように鍵盤でならす鉄琴(打楽器)の一種なのだそうです。そしてこのチェレスタは、チャイコフスキーの『くるみ割り人形』で使用され、初めて世に紹介されたそうです。このチェレスタはマンガ「のだめカンタービレ」にも出てきましたね(^^) 

d0079602_153536.jpg


この『くるみ割り人形』は、ロシアの作曲家チャイコフスキーによって作曲されたバレエ音楽です。クリスマスの夜に少女クララが体験した夢のようなファンタジーの世界が描かれているのです。それでこの時期(クリスマス)の公演が多いそうです♪ この公演は土曜日で3時開演だったからでしょうか、小学生、中学生の親子連れが多かったです。ちらほら見えました。きっとバレエを習っている子達でしょうね(^^) 

バレエを初めてみましたが、オーケストラの音楽と舞台に繰り広げられるファンタスティックな世界はあらすじを知らなくても十分楽しめると思いました。そして、バレエもトレパックとかグラン・パ・ド・ドゥとかよく言葉はわかりませんが、見せ場があるのです。初めて見た私でも、拍手をしたくなりました♪ 最後のカーテンコールも名残惜しくて惜しみない拍手をしました。拍手の多いのは王子様とクララですがその他ねずみの王様にも、一段と拍手が多かったです。こんな素晴しいバレエに誘ってくれたりんたろうちゃんありがとう♡

今年私は、初歌舞伎、初ミュージカル(劇団四季) 初バレエと鑑賞する機会に恵まれましたが、
mi-yaの勝手にランキングは
今年は鑑賞する機会はなかったですが、トップはなんと言ってもオペラです。そして2位はバレエ、同率3位は歌舞伎とミュージカルです(笑)

オマケ
d0079602_16223858.jpg

シンフォニービル裏の自転車の籠に・・・・・・
飼い主さ~ん、こんな可愛い子を一人にしちゃダメだよ(><)
[PR]
by miya-mijyu | 2007-12-19 16:27 | 音楽